チャレンジタッチ1ねんせい 新タブレット

入会金0円

入会のお申し込み

新登場! 新1年生にぴったりな、
学びが充実する新タブレット

  • 手をついて書ける(利き手対応)
  • 紙のようななめらかな書き心地
  • 記述問題で考える力がつく
  • 書いた文字をその場で自動採点
  • 外部接続不可の学習専用だから安全
  • ブルーライトカットで目を守る

手をついたまま正しい持ち方で
書ける学習専用タブレット&タッチペン

デジタル教材の良さをいかしつつ、紙のように書きやすく、だから考える力が自然とつけられる。学び始めの新1年生のためにこだわった学習専用新タブレットができました。

完全に手をついて
書きたいように書ける

高性能タブレットが、タッチペンの入力だけを読み取るので、画面の上に手を置けます。書きたいことに集中して取り組めます。

紙のようにスラスラ、
スムースな書き心地

タッチペンを画面上で自由自在に操れるので、まるで紙の教材を解いているかのような気持ちいい書き心地。

指とタッチペンを
自動判別できる

「パームリジェクション機能」で、タッチペンの動きをより正確に自動判別。

読み取りはもちろん
自分の考えを書く
ところまで

観点をもって
読解文を読み取る

選択式だけでなく、書いて解答。問題をしっかり読んで解けます。

読み取った内容を踏まえ、
自分なりに考えたことを書くことまで

答えが一つではない自由記述だからこそ、赤ペン先生が個別に添削。記述力を養います。

即時採点!もちろん漢字も!
書いた文字をとめはねまで見て採点。
正しく書けるように。

高性能タブレットが、タッチペンの入力だけを読み取るので、画面のどこに手を置けます。書きたいことに集中して取り組めます。

キャラクターや先生の問いかけに
答えて進むレッスンだからわかる!

文の読み取りだけでなく、物語の続きを考えることまで。「どうしてそう思うか」を説明できる力を養います。

図や途中式を書いて
思考を整理して答えを
導き出せる

書くことで思考を整理・イメージして、
難しい問題にもあきらめずに考えられる

画面の図に直接書き込むことができるので、数を認識しやすくなり、考えて解く力を身につけられます。

間違えた場所がわかるから
見直ししやすい

「どこで間違えたのか」「どうして間違えたのか」が分かるから、見直しやすくなります。

紙のように書けるタブレット学習で
これまで以上の学習効果が期待できる

東京工業大学名誉教授
赤堀侃司先生

子供の学習では、自分から学べるかどうかが大変重要です。一番学習効果がないのは機械的に進めていってしまうような学びかた。深く考えずに反射的に答えてしまったり、適当に答えられてしまうような問題ばかりくり返していても意味がありません。その点、書いて答える問題形式では、より自分が主体となって学習でき、学習効果も高められるようになります。「手で書く」ことで、子供は頭の中にある考えを表現します。それが学習効果につながるのです。また、自分の書いた文字がそのまま表示され、正誤判定されることも、高い学習効果を生みます。とくに低学年の子供は、自分の書いた文字がデジタル文字に変換されてしまうと途端に他人事になってしまう。書いた文字がそのまま採点されることで、問題を解いている最中だけでなく、見直しまで自分から取り組めるのです。

1年生の発達段階を考慮した
安心安全な仕組み

インターネットに
自由につなげない安心設計

自由に外部のWebサイトを閲覧できない設計なので、お子さま一人でご利用されても安心です。

30分ごとに休憩を促し
目の負担に配慮

ナビゲーションキャラが一定時間ごとに休憩を促し、夢中になりすぎるのを抑えます。ブルーライトカット機能も搭載。

入会金0円

入会のお申し込み

入会の
お申し込み