<チャレンジパッド>と<チャレンジパッド2>ではカメラの位置が異なります。お手元のタブレットのカメラの位置をご確認ください。

<チャレンジパッド>の場合

HOMEボタンを上にして背面を見た際に、筐体左上側に設置されている。

チャレンジパッド 背面

<チャレンジパッド2>の場合

HOMEボタンを上にして背面を見た際に、筐体右上側に設置されている。

チャレンジパッド 背面

イマドキの小学生の英語教育事情

最新の英語教育事情や、英語の効果的な学習法などをお届けします。

〈Challenge English〉なら、小学校の英語で必要な「聞く」「話す」を中心に、初めての英語でも楽しく力を伸ばせます!

〈Challenge English〉教材の特長について詳しくはこちら

ページトップに戻る

SNSでシェアしよう!

  • シェア
  • ツイート
  • ブックマーク

1月スタートのしめ切り日は

(木)
  • ChallengeEnglishを申し込む※このフォームでは小学講座は同時には申し込めません
  • Challenge Englishと小学講座を同時に申し込む
  • 入会のお申し込み

受講費は月あたり2,040円(税込)

  • ※会員特別価格で、12か月分一括払いの場合
  • ※ヘッドフォンマイク・ウェブカメラはつきません。
  • 受講費を確認
  • 資料請求
  • お電話でのお問い合わせ 0120-775233 受付時間:9:00~21:00(年末年始除く) 通話無料 音声ガイダンスでご案内いたします
  • ※OPEN直後はお電話が大変つながりにくくなっております。
  • ※番号はよくお確かめのうえ、おかけください。
  • ※一部のIP電話からは042-679-7372へおかけください(ただし通話料金がかかります)。

個人情報の取り扱いについて

ご提供いただく個人情報は、お申し込みいただいた商品の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。
お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口(0120-924721通話料無料、年末年始除く、9時~21時)にて承ります。

(株)ベネッセコーポレーション CPO
(個人情報保護最高責任者)

※ヘッドフォンマイク・ウェブカメラはつきません。

※ここでご紹介している教材・サービスは2018年11月現在の情報です。教材ラインナップ・デザイン・名称・内容などは変わることがあります。

Benesse

Copyright Benesse Corporation. All rights reserved

  • 英語が初めての1・2・3年生
  • 英語が初めての4・5・6年生
  • 2017年4月に中学生・高校生
  • 学習の流れ・教材一覧
  • ご利用環境
  • よくあるご質問
  • 2019年度<マンツーマントーク>のご案内
  • 入会のお申し込みはこちら
  • 親子でWEB体験 Challenge Englishたいけんばん

<チャレンジパッド>と<チャレンジパッド2>ではカメラの位置が異なります。お手元のタブレットのカメラの位置をご確認ください。

<チャレンジパッド>の場合

HOMEボタンを上にして背面を見た際に、筐体左上側に設置されている。

チャレンジパッド 背面

<チャレンジパッド2>の場合

HOMEボタンを上にして背面を見た際に、筐体右上側に設置されている。

チャレンジパッド 背面

イマドキの小学生の英語教育事情

イマドキの小学生の英語教育事情

「小学生の英語」をテーマにお子さまや保護者のかたに役立つ情報がまとまっています。
最新の英語教育事情や、英語の効果的な学習法などをお届けします。

いつから変わる?何が変わる?小学校の英語教育

小学校の英語教育が変わると言われていますが、具体的に、いつ、何が変わるのでしょうか。そしてその背景は?気になるその内容について、ベネッセ教育総合研究所の加藤由美子氏に聞きました。

正しく知ればこわくない!小学校の英語改革

2020年、早ければ2018年から、小学校の英語教育は変わることが検討されています。具体的な変化の内容は「いつから変わる?何が変わる?小学生の英語」で紹介したので、ここでは、その変化に対しておうちのかたはどう準備すればよいか?という心がまえについて、加藤由美子氏に聞きました。

始めるなら早い方がいい?ネイティブスピーカーのような英語を小学生から身につける学び方

「グローバル時代を生きるわが子にはネイティブスピーカーのような英語を身につけてほしい!」というのは、多くのおうちのかたの願い。そのためには、英語は早く始めたほうがいいのでしょうか。小学生に合った英語の学び方について、慶應義塾大学教授の田中茂範先生にお聞きしました。

小学生から始める英語教育のメリット〜たくさん聞いてどんどん使って英語に慣れよう〜

小学校での「英語」が本格化するなど、英語教育のスタートが早期化しているといわれています。「英語を始めるなら早い方がいいのかしら?」と思うおうちのかたも多いようです。そこで、小学生から始める英語教育のメリットについて、東京家政大学教授・太田洋先生のお話と共に考えていきましょう。

小学生の英語教育の気をつけたいポイント〜早めスタートのメリットとデメリット〜

小学校での英語の授業もいよいよ本格的に始まることになり、小学生から英語をスタートするのは当たり前の時代に。しかし、「英語は始めるなら早めのほうがいい」とは聞くけれど、早くから始めるデメリットや問題点はないのでしょうか?小学生の英語教育で気をつけなければいけないポイントについて、東京家政大学教授・太田洋先生のお話と共に考えていきます。

〈Challenge English〉なら、本格化する小学校の英語教育に備えて、
お子さまの英語力をしっかり伸ばせます!

〈Challenge English〉教材の特長について詳しくはこちら

ページトップに戻る

SNSでシェアしよう!

  • シェア
  • ツイート
  • ブックマーク

受講費は月あたり

2,040円(税込)

  • ※会員特別価格で、12か月分一括払いの場合
  • ※ヘッドフォンマイク・ウェブカメラはつきません。
  • 受講費を確認
  • 資料請求

1月スタートのしめ切り日は12/20(木)

  • ChallengeEnglishを申し込む※このフォームでは小学講座は同時には申し込めません
  • Challenge Englishと小学講座を同時に申し込む
  • 入会のお申し込み
  • お電話でのお問い合わせ 0120-775233 受付時間:9:00~21:00(年末年始除く) 通話無料 音声ガイダンスでご案内いたします
    • ※OPEN直後はお電話が大変つながりにくくなっております。
    • ※番号はよくお確かめのうえ、おかけください。
    • ※一部のIP電話からは042-679-7372へおかけください(ただし通話料金がかかります)。
    • 個人情報の取り扱いについて

      ご提供いただく個人情報は、お申し込みいただいた商品の他、学習・語学、子育て・暮らし支援、趣味等の商品・サービスおよびその決済方法等に関するご案内、調査、統計・マーケティング資料作成および、研究・企画開発に利用します。
      お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口(0120-924721通話料無料、年末年始除く、9時~21時)にて承ります。

      (株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者)

※ヘッドフォンマイク・ウェブカメラはつきません。

※ここでご紹介している教材・サービスは2018年11月現在の情報です。教材ラインナップ・デザイン・名称・内容などは変わることがあります。

Copyright Benesse Corporation. All rights reserved

一番上に戻る