夏休みが明ければ、半年後はもう中学生。

中学好スタートに向けて4教科+英語の基礎を固めましょう!

小学校も残すところ あと半年・・・中学に向け、1人で学ぶ力を身につけておきましょう。

長い夏休みが明ければ、卒業まであと半年となりますね。

中学に進むと、学習内容も量もぐっと増え、定期テストや受験に向けて1人で考え、応用する力が必要となります。
小学生のうちに自学自習の力を身につけておきましょう。

※2012年中学1年生保護者1,034人対象進研ゼミお子さまの学習に関するアンケートより
※「とても使っていた」と答えたかた294人のうち「学習習慣がついたと思う」と答えたかたの合計数より算出

チャレンジなら、日々の授業理解はもちろん中学以降に必要な力も身につきます。

特長01

授業の内容・進度に合わせているから理解のスピードがアップ!

通っている学校の教科書に対応

その日にやった授業内容の素材文もそのままに、すぐに復習ができ、1回約20分でも理解が進みます。

授業方式で、聞き逃しもフォロー

お子さまの考える順番に沿って、授業のように進める設計。その日の授業の聞き逃しも補えます。

学校で重視される「考える力」も身につきます

知識や解き方だけではなく、「自分ではどう考えるか」というステップがあるので、応用問題も解けるようになります。

お子さまの教科書に合ったカリキュラムをご紹介

学校の宿題にプラスしてチャレンジで勉強
なんて、みなさん可能なんですか?

特長02

小学校最後の1年間で6年間の総まとめが完了。

大切なところだけを効率的に学習

5教科の「総まとめじてんシリーズ」で楽しく取り組めます。机に置いて、宿題に役立てられます。

やる気を高めつつ力をつけられます。

補助教材の学習ゲームコンテンツでお子さまのやる気を上げつつ、しっかり定着させます。

補助教材について詳しく見る

特長03

中学につながる英語も、楽しく親しめ、トクイ科目に。

聞く・書く・話すを総合サポート

テキストと、補助教材の組み合わせで、五感を使いながら学習できるので、楽しく力がつきます。

中学への土台となる基礎力

難易度が一気に上がる英語も、文法の基礎を毎月少しずつ身につけられるから、中学でも安心です。

補助教材について詳しく見る