算数の基本は「10のまとまり」!子どもが好きな○○○で身につけよう!

読むのに必要な時間 3分

小学校で習う算数。子どもが一番はじめにぶつかる壁をご存じですか?
1年生の2学期からはじまる「くり上がり・くり下がりのある計算」がその単元です。
「そういえば・・・私もニガテだった!」というかたもいるのではないでしょうか。

大人になると、当たり前のように「10で位がひとつ上がる」と無意識に計算できるものですが、子どもにはなかなか難しいようです。
「くり上がり・くり下がりのある計算」はこれからの算数・数学の基礎となるとても重要な学習です。
ここでつまずくと後々、大変に・・・。
まずは「10のまとまり」への意識が大切になってきます。

〈10のまとまり〉を理解するのに役立つ「身近なもの」って?

難しく考えがちな「くり上がり」、「くり下がり」。
子どもにとって「身近なもの」を使うと、楽しく理解を深めることができるのでおすすめです。

例えば、チョコレート!

板チョコのなかには「5つのブロックが3段になっている」ものが多くあります。
これを2枚用意すれば、

  • 「10のかたまり」が「1つ」
  • 「5のかたまり」が「2つ」
  • 「1のバラ」が「10」

という使いやすい形にすることができます。

例えば、「9+4」の計算をするときには、まず「9」と「4」のかたまりを用意します。
そして「9はあと1つで10になるね。」と確認して、「4」を「3と1」に分けます。
分けた「1」を「9」に移動してきて、「10」のかたまりを作ります。
「10と3だから、13。9+4=13だね。」と確認しましょう。

「お勉強しよう?」と言っても、子どもは嫌がるケースが多いと思いますが、「板チョコで遊ぼう!」なら計算のしかたをゲーム感覚で自然に身につけていくことができるかもしれません。

他にも個包装のお菓子や果物、おもちゃのブロックなど、子どもが好きなものを使って根気よくコツを教えていきましょう。

子どものやる気をUPさせる方法!

子どもが勉強したがらない・・・、という時。
私たち大人が子どもとどう向き合っていくかで、これからの学習への姿勢が変わってきます。

子どもに限りませんが、誰しもほめられることが好きですよね。
多少大げさなくらい「ほめること」を意識してみてください。

「頭がいいね」よりも「一生懸命がんばったね」

気をつけたいのは、「頭がいい」「勉強ができる」という言葉を使ってしまうこと。
「まちがったらほめてもらえなくなるかもしれない」とプレッシャーを感じ、難しいことにチャレンジしにくくなってしまうケースもあります。

おすすめなのは、「がんばってできたね」「一生懸命取り組めたね」というほめ方。
結果ではなく、がんばること自体の意欲づけにつながるので、新しい問題にも挑戦する姿勢が育まれます。

日常のコミュニケーションで計算上手に!

小学校の勉強は"家族間のコミュニケーション"も成績に影響を与えるポイントになります。

買い物のときは計算のチャンス!

例えば、買い物のときも「このジュースは120円だね。○○ちゃんがもっている80円と、あといくらあったら買えるかな?」などのように、「くり上がり・くり下がりのある計算」を使うシーンを意識してみてください。
生活の中で「こう計算すれば便利!」と実感することができれば、理解するスピードも速くなっていきますよ。

おうちで振り返ることでさらに効果アップ!

こうした普段の生活の中での体験をきっかけに、おうちに帰ったあとに図やイラストを使って考え方をおさらいすると、さらに効果的です。
また、「くり上がり・くり下がりのある計算」は「10のまとまり」の理解だけでなく、反復練習も大切です。
わかりやすく、達成感を得られる教材があれば、苦手意識を感じることなく算数が得意になりますよ。

「くり上がり・くり下がりのある計算」の定着をサポート!

「進研ゼミ 小学講座」

「チャレンジ1ねんせい」  イメージ
【わかりやすいテキストでしっかり理解】
「チャレンジ1ねんせい」では、「くり上がり・くり下がりのある計算」がしっかり理解できるよう順を追って丁寧に解説し、考え方の理解から応用力の養成までしっかりサポート。メインテキストのほかに、「コース別問題集」や「赤ペン先生のもんだい」でお子さまのやる気を引き出します。また特別教具では楽しみながら学習内容の理解・習熟をうながします。
くり上がり・くり下がり けいさんマスター イメージ
【反復練習で楽しく定着】
「くり上がり・くり下がりある計算」は、反復練習をすることでしっかりと身につきます。特別教具「くり上がり・くり下がり けいさんマスター」はゲーム感覚で多くの計算問題に取り組むことができ、〈速く正確に計算する力〉を伸ばします。